×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子宮外妊娠 症状

受精卵は通常、妊娠の際に子宮腔の子宮内膜に着床しますが、それ以外の場所に着床した場合を子宮外
妊娠といいます。子宮外妊娠のほとんどは卵管に起こり、まれに卵巣、腹膜、子宮頸菅に着床する事も
あります。
卵管妊娠の場合、卵管の先端に着床すると、受精卵はある程度発育したあと腹腔の中に落ちてしまいま
すが、着床していたところから少しずつ出血が続き、腹痛もおきてきます。これを卵管流産といいます。
出血の一部は卵管を通り子宮腔に入り、腔から不正出血の形で現れます。
卵管腔が狭いために、卵管の中央部分に着床した場合には、受精卵がある程度大きくなると、卵管は破
れてしまいます。このことを卵管破裂といいます。そうなると、多量の出血をして、腹腔の中に血液が
たまり、同時に激しいお腹の痛みを感じます。
したがって、月経が遅れて不正出血があるうちに突然はげしい腹痛が起こり、貧血状態になった場合な
どは、卵管破裂の可能性があります。

子宮外妊娠 治療 1

子宮外妊娠は、出血量が多いと命の危険があるので、すばやい診断と適切な治療が必要です。特に、
卵管破裂の場合は出血量が多いので、いち早く手術を受ける必要があります。
子宮外妊娠の可能性がある場合、腔の奥から腹腔に針を刺して、腹腔内に出血があるかを調べます。
尿の妊娠反応が陽性で、しかも腹腔内に出血がある場合は。子宮外妊娠の可能性が高いといえるで
しょう。
また、陽性の妊娠反応なのに、超音波検査で子宮の中に妊娠した所見が見当たらない時にも、子宮外
妊娠が強く疑われます。
子宮外妊娠の場合は手術によって、出血部分を取り除くのが原則で、出血量が多い場合輸血を行う必
要があります。

子宮外妊娠 治療 2

子宮外妊娠の治療法には、どんな方法があるでしょうか?
最も単純で確実な治療法としては、胎芽を手術によって摘出する事でしょう。
子宮外妊娠の場合、残念ながら赤ちゃんの命は助かりません。
非常に残念ですが。そして子宮外妊娠になる胎卵は、通常とは違う、染色体の異常などの難しい要因
があり、仮に妊卵を保護する事ができたとしても、分娩まで成長する事ができないようです。また、
子宮外妊娠の結果として、破裂を起こした場合、その痛みはとても苦痛をともないます。
子宮外妊娠が母体の生死に関わる事を考えると、母体の健康をまず優先で考えて処置せざるを得ない事
を理解しましょう。
次に『手術するかしないか』ということと『手術するにしても卵管を残すか残さないか』が問題になる
と思います。もしも全身状態が悪化しているという事であれば緊急事態です。手術をして、卵管を取り、
出血したお腹の中をきれいに処置するしかありません。
子宮外妊娠が検査等で早期発見されて、状態が良いようであれば”待機療法””薬物療法””手術”な
どの選択肢があります。専門の担当の医師とよく相談しましょう。

DVDレンタル
Copyright © 2008 子宮外妊娠